News

 

YELLtum、クラウドファンディング&投げ銭ができる新機能を提供開始。利用者の手数料無料!公式グッズ制作やふるさと納税での活用等を支援予定。

2021年10月28日

トークンを活用したデジタルマーケティング事業を展開する canow 株式会社(東京都千代田区、代表取締役:桂城 漢大、以下 canow )は、スポーツチームが地域通貨として機能するファントークンを発行できるプラットフォーム「YELLtum」が、地域還元型クラウドファンディングと投げ銭ができる新機能を提供開始したことをお知らせいたします。

新機能は、それぞれYELL Offering(地域還元型クラウドファンディング)、Fun Tipping(投げ銭)として提供開始します。どちらの機能も手数料無料で利用できることが最大の特徴で、「YELLtum」にてファントークンを発行するチームに加えて、地域加盟店や地域住民が利用することができます。今後は、スポーツチームの公式グッズ制作やふるさと納税におけるクラウドファンディング活用支援や地域加盟店への投げ銭支援等を行ってまいります。

【 地域還元型クラウドファンディングおよび投げ銭機能開発の背景 】
canowは、スポーツチームが地域創生を目的に、地域通貨として機能するファントークンを発行できるプラットフォーム「YELLtum」を運営しています。すでに、サッカーJ2 ギラヴァンツ北九州や水戸ホーリーホック、社会人女子ラクロスクラブチーム FUSION などのスポーツチームがファントークンを発行し、スタジアムや飲食店等の地域加盟店にて、公式チームグッズや飲食品、サービスなどを購入する際の決済手段として活用されています。
スポーツチームは、地域を中心に強いコミュニティを持ちますが、公式戦というコンテンツ以外でのファンやサポーターとの接点の少なさが課題となっております。

スポーツチームが「YELLtum」で発行した地域通貨(ファントークン)の旗振り役として、地域通貨利用を地域のコミュニティに浸透させることによって、ファンやサポーターとの試合開催日以外での日常の接点を創造し、スポーツチームを中心とした地域活性化や地域創生につなげるモデルです。

今回、新機能として提供開始する YELL Offering(地域還元型クラウドファンディング)とFun Tipping(投げ銭)は、チームや地域加盟店とファン、サポーターが双方向のコミュニケーションをより活発化させるための手段として開発いたしました。今後は、スポーツチームの公式グッズ制作やふるさと納税におけるクラウドファンディング活用支援や地域加盟店への投げ銭支援等を行ってまいります。

【 地域還元型クラウドファンディングおよび投げ銭機能の概要 】
新機能は「YELLtum」プラットフォームから利用ができ、ファントークンを発行するチームに加えて、地域加盟店や地域住民が利用することができます。最大の特徴は、手数料無料でクラウドファンディングと投げ銭が利用できることです。具体的には以下のような利用シーンを想定しています。

■ YELL Offering(エールオファリング / 地域還元型クラウドファンディング)について
・スポーツチーム:
チームのプロジェクトに関する募集や公式グッズ制作に活用いただけます

・地域店舗:
店舗の常連客同士でファントークンを出し合って、店舗の困りごとの解決への協力や、店舗に設置して欲しい設備を購入するようなプロジェクトを立ち上げることができます

・地方自治体:
将来的には、ふるさと納税をクラウドファンディングで実施できるよう支援してまいります

■ Fun Tipping(ファンチッピング / 投げ銭)機能について
・スポーツチーム:
ファンはチームや所属選手へ応援する意味を込めてファントークンを投げることが可能です

・地域店舗:
少額のファントークンをチップの意味で地域店舗へ投げ銭することが可能です

【 YELLtum について 】
ファンマーケティングツール「YELLtum」は、地域通貨として使用できるファントークンを発行できるプラットフォームです。スポーツチームや企業が、「YELLtum」上でファントークンを発行することで、チームを中心とした地域通貨が流通するようになり、チームとファン、地域を繋ぐ架け橋として、密なコミュニケーションが生まれることが期待されます。その結果、クラブが中心となり、地域を巻き込みながら熱狂的なコミュニティを拡大させていくことができます。

また、データ分析基盤の提供、ファンエンゲージメントを高めるためのチーム公式グッズ制作やコンテンツやクリエイティブ制作までをワンストップで提供することで包括的なサポートを提供しています。

YELLtumのはじめ方:https://yelltum.fun/service/howto/

■ プロフィール
canow株式会社 COO 大坂 亮平
大手作家事務所より編曲家としてキャリアをスタート、主にエンターテインメント業界にて従事。動画のスタートアップを経て、販促広告企業のデジタルマーケティング部署の立ち上げを担当。主に行政やナショナルクライアントのデジタル施策にてプランニングやデジタル戦略策定を営業部署と連携して推進。

その後、ブロックチェーンやクリプトの世界に興味を持ちブロックチェーン関連のメディアの立ち上げや海外カンファレンスのアレンジ、開発事業の戦略を柱とする事業会社へ入社。より海外を主軸とした事業を推進するためにcanow株式会社を設立、現在はYELLtumを主軸に分散型IDなどを自治体、大手企業と連携を行いDX化の推進を行う。

■canow 概要
会社名:canow株式会社
所在地:東京都千代田区神田松永町13番地 VORT秋葉原Ⅱ 403号室
代表者:代表取締役CEO 桂城 漢大(かつらぎ くにひろ)
設立:2020年4月
URL:http://canow-jp.com/

■お問い合わせ先
一般の方:info@canow-jp.com
報道関係の方:canow@storydesign-h.com(担当:新井 Story Design house内)